ethos@千葉LOOK(2005/08/11)

下北沢mona recordsで第3世代の記者会見イベント。…が、本日私そちらには行ってません。
至さんとか井塚さんとか、あと星野さんも見たかったけど
「絶対いいもの見せるから!」と熱く語る杉さんを信じ千葉LOOKへ。

18:30開演。間に合った…出演バンドは出演順に下記の通り↓
nano.RIPE / ethos / センチライン / porkees / the strange drama

トップバッターはnano.RIPEという千葉ANGA系のバンド。
ガーリーロックっていうのかなぁ?女の子Vo.を活かした曲調でした。
Vo.が表情豊かで歌もそんなに悪くないし、Ds.は結構キャリアある感じで。
しかし残念ながらGt.とBa.がその足を大きく引っ張ってるんですよねぇ。
Gt.は手元ばっかり見てるし、1曲目のBa.とか旋律が単調すぎて退屈。
どちらにしても、あんなにヘッドをフラフラさせて演奏してる弦楽隊を
私は初めて観ましたよ。落ち着きがなさすぎる。

2バンド目は我らがethosでございます。
喉が渇いてるのにドリンクを貰うのも我慢して待機。わくわく。
あまり覚えてないけれど、セットリストはこちら↓
 夢見る二人〜My baby's you〜 / ザッツ・ザ・夢芝居〜忘れじのMilk show〜
 / お願いマリー / バーガンディレッド / (不明)
不明なのは終演後に聞こうと思ってたんだけどすっかり忘れてました。
だってそれどころじゃなかったんだもん。

バイト帰りにばったり会ったあの日の言葉を信じて来たので
やりたい放題の相当はじけたステージなんだろうな、と期待してました。
ベースはやっぱり木村さんのがステキです。ナノライプなんて目じゃないぜ。
大倉さんはさすがリーダー、雰囲気のいい余裕が感じられます。
俊春さんのしびれるドラムも期待通りのナイスアクト。
ところが杉山さんは最初のバンドが作った空気に呑まれまくり。
冷め切っている観客にびびって伏し目がちで全身硬直ですよ。
何だそれはと!何だそれは、と!そりゃ二度言うわ!!
少なくとも「〜夢芝居」ぐらいまではその状態でしたね。
MCをはさみ、どうにか「お願いマリー」あたりで持ち直してきたかな。
目線も上がり、手も回し、マイクスタンドも外し、これぞ杉山節。
最後は「あーやっぱりこうでなくちゃ!」と思わせてくれる内容でした。

でもさ、できるんだったら最初からやりなよ!と。
アンケート渡すついでに本人と話し始めたら、悪態をつく流れから
ついダメ出しまで始めてしまいました。(嫌な客だなぁ…)
ちょっとがっかりでした。でも分かってくれたのが救い、かな。

気を取り直して3番手。センチライン、from神戸です。
彼らは全国ツアーであちこち回ってる模様。
垢抜けたルックスがステキですね。ethosの後だから尚更。(超失礼)
初めて聴いたけど、演奏も上手で聴きやすく、良かったです。
でも薄味かな。下北沢系ギターポップにありがちなバンド、って印象。

4番手はporkeesです。ベテラン、かな?どっかで聞いた名の気が。
系統としてはsyrup16gとかね、光よりは影な感じのロック。
上手かったとは思うんですけど、特筆すべきこともなく。
今日の面子の中ではワリと轟音だったのに眠たくなりましたからね。
MCがダラダラしてて、「早く次に進めよ!」と思ってしまった。

そしてトリはthe strange dramaですよ!久々に観るなぁ。
もう彼らもトリになるようなバンドなのね。
開演前に瞬くんが「前と全然違うからビックリするよ」と言ってたけど
本当に違った!人妻の曲を歌ったり、バンドに一体感があったり(笑)
人妻の曲とかね、たぶんethosがやっても合うんですよ。
でもそんな曲も自分たちの物にしていた。すごい。
Vo.のけんごさんも笑顔だし、MCいっぱい喋るし、飛び跳ねてるし。
変わった、変わったんだ。しばらく観ていなかったことを後悔。

そんなライブでした。今日はストドラの勝ちっすね。
私はethosを応援したいんですよ。すんごくいいライブを見せてもらったから。
だからこそライブに行くし、だからこそ苦言も呈する。
このライブが、このコメントが、いつか実を結ぶ時が来ることを願っております。
がんばれ、ethos!!!

B A C K

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス