法政ナイト IN 新宿@新宿red cloth(2004/08/08)

今夜は「法政ナイトIN新宿」@新宿red clothへ。
私、全くもって法政大学関係者ではございません。
でもそーいうの別にいいですよ。面子がかなり良かったので行くことにしました。
ライブを観てるだけで思わず笑顔になっちゃう冷やしバンドの蝉時雨でしょ、
その蝉のサポートドラムを演ってるキムさん所属のthe coleslawでしょ、
あとLucky13とかテルスターも名前はよく聞くよなぁ。そんな面子。
実は私、ロキノン不参加が決定した直後から「法政祭り」モードでした。

新宿に着いてまず行ったのはタワーレコード新宿店。ワイマイのアルバムを買おうと。
でも行って結局買ったのはthe coleslawの「バンブーグラス」と100sの限定バッジ。
コールは会場で買えるけどタワー特典バッジのためここで購入。会場だとポイント付かないもんね!(貧乏根性)
ワイマイはまた今度。ごめんワイマイ。でもコーナーにタカナガさんのコメントがあって感動。
本当はつばきの「あの日の空に踵を鳴らせ」も欲しかったんだけどさすがに断念。
何でもいいけど↑このタイトルはなかなか覚えられん。(苦笑)

いざ新宿駅から会場へ、というところで迷いに迷いまして。
分っかんねーよこんな場所!アクセス悪いよ!思わず電話しちゃったよ!
迷子になった結果、スタートから40分?遅れでやっと会場に到着。
一緒に迷ってくれたユキコ有難うねー!!

階段を降りた所の兄さんに遅れてすみませーん、と挨拶。
するとホワンとした兄さん、「受付は中でやってますよー。僕、物販なんで」
恥ずかしいったらありゃしないよアナタ…慌てて入場。
そしたらthe coleslawが最後の曲の最後のフレーズを演奏してるじゃないですか!!
くっそー観たかったのに楽しみにしてたのに!
でも、1フレーズだけでもキラキラしてて眩しかったのだけは確かです。

新宿紅布はもうすぐ1周年という新しいハコで、かなり綺麗でオサレでした。
椿屋が表紙だった「Quip」はここで撮影したんだって。(崇さん情報)
紅地にかわいい華模様…確かにあの壁紙だー。中華風です。
そうこうしているうちに2バンド目、お目当ての蝉時雨でございます!
  1. 道草鱈腹
  2. アーリーサマー
  3. 砂漠の恋路
  4. 猿が廻る
  5. 薄型の君
  6. (ふわふわと〜)
4曲目は初めて聴いたんだけど、マイナー調でカッコいい!
初めて「カッコいい蝉時雨」を目の当たりにしてしまいましたよ。
いや、いい意味でよ?楽しいだけじゃないのね、って事で。
井塚さんは中・高・大と法政に通ってる生粋の法政っ子なのだそうです。
中根さんに「校歌歌えるんでしょ?」と促され歌いだすも木村さんのドラムで遮断。(笑)
それにしてもお客さんが最前列ぐらいしか反応してなくて、揺れづらかった…。
まぁ私はどこに居ても周りを気にせずノリノリなんですけどね!おほほ。

さ、coleslawが終わり、蝉が終わったんだからもう帰ってもいいんだよな…。
というテンションの私ですけど。(めっちゃ失礼)
あとはオマケだ、って感覚でアンケート書きつつのんびり構えてます。
お次の3バンド目はLucky13です。
以前ネットで試聴したときはピンとこなかったんだよな。
だからさほど、っていうか本当に期待してません。ファンの方ゴメン。
ステージをチラッと見たら…おおおおいっ!さっきの物販の兄さん!!
  1. 276
  2. 改札口の恋
  3. 東京ライフ
  4. 美しい世界
  5. ワンダー
「おぉはよぉ〜らっきーさーてぃーんでぇ〜す」とギターをかき鳴らす兄さん。
私 は ア 然。
そしてそんな事お構いなしに浮くほどノリノリの栄次郎さん。(笑)
最初はやっぱり醒めた目で見てたので引き気味だったのですが
楽屋口の隣に陣取っちゃったもんだからいるわけですよ!他のバンド達が!
そこで「この人引いてるなー」って見られるのはなんか嫌だったので
ちゃんと聴いてみました。そしたら…やっばい。いいかもしれない。
妙なフワフワ感を持った中肉中背なボーカル。(言うことが片っ端から失礼)
声は高めで結構かわいいんですけど、歌詞が鋭い。
変に夢見てることもなく、しっかりと現実を捉えているんですよね。
あの兄さんが北海道から上京して作った曲「東京ライフ」にやられました。
MCで「僕らに上手い演奏期待しちゃダメ」とか言ってたけどいやいや。
めっちゃ引きこまれてしまいましたよ。してやられたり。

合間に冷カフェオレを飲んでたら(ここのドリンクは手が込んでる)隣にさっきの兄さんが!
「くっそー騙されたぁ」と思いつつチラチラ横目で見てましたが気付いてない様子でした。
最後4バンド目はテルスター。
ザ・ガールハントの増沢さんって人が参加してるって聞いたからやや期待。
そしたら出てくるなり叫ぶ叫ぶ暴れる暴れる!何じゃこりゃ!!
でもその中でも中心となって暴れまわってたメガネが増沢さんでした(爆)
「あ゛ー ! !あ゛あ゛ー ! ! !」
何を言うでもなくマイクに叫ぶ増沢さん。なのに直後のMCで
「僕ら叫んだりとか全然しないから。歌うとき一切動かないもんね。」
じゃあ今のは何だと言うんだ!(笑)
増沢さんはどんどん喋ります。「すげーRIJ行きたかった…スピッツ出てるんだよ!?
昨夜スピッツ夢に出てきたもん。俺最前列でマサムネさんと見つめ合ってた
本っ当テルスターってMCが面白いです。
増沢さんの「曲=ナンバー」発言に横山さんから猛攻撃。「もっと純粋だったのに!」
反省した増沢さん、純粋に戻って「○んちの話とかもっとしたほうがいいよ!」
「柔らかいう○ち、ポロポロしたうん○…」と語る横山さんの目の輝き!(笑)
で、曲はどうなのかというとですね(話題転換)、正直私のタイプじゃなかったんですけど
それにもかかわらずすごく楽しめた!一番身体が自然に動いたんじゃないかな。
これは本当にスゴイ事だと思いますよ。興味のない人までも引きこむ力。
単純に、「楽しい」と感じさせてくれるステージでした。

アンコールの拍手が鳴りだして出てくるのが早い壮年、テルスター。(笑)
横山さん千葉さんは法大中退ということで、この場で卒業証書授与式を挙行することに!
Luckyの栄次郎さんと蝉の井塚さん、可愛い後輩たちから二人へ授与された
10年越しの卒業証書に二人とも涙… は 、 な く て ! !
結局最後まで笑いの種になりましたとさ。
終わるのが本当、名残惜しかった。幕が下りなければいいのに。
初めから終わりまで楽しいライブでした。RIJFより法政祭りに来て良かった!

至さんと井塚さんにご挨拶をし、the coleslawの皆さんにサインを頂いて帰路に着きました。
(コールのキムさんはいっぱい喋ってくれた!遠藤さんはお笑い好き。「エンタはダメだ、オンバトのが…」と熱弁。
 井塚さんには「RIJF行けないから来ました!」と素直に報告。もっと包み隠せと怒られる。
 あと至さんは「物販って嘘ついたでしょー!」と追及したら「あはは、バレました?」と素直に笑ってた。ステキ☆)

独りで歩いててもしばらくニヤニヤが戻らなかったのはナイショの話、で。

B A C K

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス